基礎と応用

中学受験に算数があります。そして、この算数を勉強する時に基礎がかなり重要になります。これが出来ないと算数の応用をクリアすることができなくなりますので、そちらをしっかりと勉強して中学受験に臨むようにしてください。

算数は基礎がしっかりとしていれば解ける問題があります。特に計算式を知っていれば結構出来る問題も多くありますので、それを勉強していないと中学受験がかなり厳しくなります。ですから、基礎の勉強をしっかりとしていくのが算数の勉強方法でしょう。

ある程度理解すれば応用に進んでいきます。大体この応用が難しくて挫折する子供が多いのですが、算数の応用は基礎からなるもので少し考え方を変えることで解くことが出来ます。ですから、その考え方を勉強すれば中学受験に通用することが出来ます。ただし、応用問題はかなり多く、特に中学受験によってはかなり難しいものもありますので、頑張って解けるようにしましょう。過去問題などを使用して問題に慣れておけば良いです。ただし、同じ問題が基本的に出来ないので、答えをそのまま覚えていてもダメなので注意です。

算数も中学受験も基礎があってこその応用問題です。算数以外にもこれが言えることですのでしっかりと基礎を確実にするようにしてください。