計算間違え

中学受験の時の算数で一番注意して欲しいのが計算間違えです。これをしてしまうと中学受験に失敗することもあります。ですから、できるだけ計算間違えをしないようにしないといけません。
計算間違えは二通りのことで間違えていることがあります。一つ目が単純に計算のやり方を知らないタイプ、もう一つが計算方法は知っているがケアレスミスでミスしたタイプがあります。前者はそのような事にならないために勉強が必要になります。問題は後者です。中学受験で緊張してケアレスミスをして計算間違えをする人は結構多いです。人にもよりますが、数個あることがあります。しかし、それを出来るだけなくさないと中学受験に合格することができなくなります。ですから、算数のそのようなところが注意です。

算数の場合、計算をしてからもう一度確認をすることで計算間違えを見つけることが出来ます。しかし、中学受験のような受験は問題数が多く、確認が出来ない場合があります。ですから、できるならあまりミスをしないように鍛えるのが良いでしょう。そうすることで計算間違えを無くして中学受験に近づけることができるかもしれません。ただし、ミスを完全にしなくするということはかなり難しいです。ですから、ある程度ミスを犯さないように算数の勉強をしていくようにしましょう。ただし、ミスを怖がって算数の計算が遅くなるようなことは避けるようにしましょう。