親が教えるのは

中学受験のために算数の勉強をするのですが、その時に親が算数の勉強を教えるのは少し考えてやったほうが良いです。場合によっては中学受験の失敗の原因になることがありますので注意です。
中学受験のために算数の勉強をすると思いますが、その勉強を教える時に少し注意が必要になります。親が教えることになることが多いですが、算数の内容によってはあまり親が教えないほうが良いでしょう。しっかりと理解しているなら良いですが、理解しないまま教えてしまい途中半端な覚え方をしていると中学受験に支障が出ることがあります。ですから、ある程度の勉強は専門の先生に任せた方が良いです。そうしないと中学受験時に間違えていたところがそのまま点数に響くことがあります。

すべてを先生に任せる必要はないです。理解しているところならそれを教えるのも良いです。例えば、分数関係は算数に限らず数学でも使用するものですので、そちらを教えるのもよいでしょう。このように別に教えても良いものもありますので、うまく中学受験の勉強をするようにしましょう。
算数で基本が間違えっていると応用もすべて間違えることになります。ですから、教える場合は正確さが必要になります。