担当している先生

中学受験で算数が結構重要になってくることがありますので、苦手な子供は克服したほうが良いかもしれません。その時に塾や家庭教師を使うなら担当先生をよく考えて使ってみると良いです。
塾などによっては算数担当の先生というのがあります。そのような人に教えてもらうことで苦手意識を克服できる場合があります。何よりも算数をしっかりと理解して勉強をしてくれることで中学受験に対応をすることができるでしょう。ただし、注意して欲しいのが担当教師だからと言って必ずしも克服できるとは限りません。確かに他の先生よりも算数のことを教えることができるかもしれませんが、子供によっては少し変わった苦手意識を出していることがありますので必ずではないので注意しましょう。ですから、中学受験で算数の対策をする時にはよく考えて選ぶようにしてください。

上記にように必ずしも苦手意識を無くすことができるわけではないですが、それでもうまい先生はうまく教えてくれます。特に中学受験生を多く見てきた先生は教え方が結構上手なことがありますので、そのような担当の先生を探すと良いかもしれません。ただし、そのような先生は他の人も探しています。中学受験の対策をしてもらいたいけど人数制限になっていることがありますので注意しましょう。