苦手を見つけ出す

子どもに良い中学校に通ってもらうためには、学力試験を突破してもらわなければなりません。中学校の学力試験といっても、その難易度は高く、学校のレベルにもよりますが、中学生や高校生が習う内容も試験問題に出ることがあるといいます。算数や数学が苦手だったというママの場合、一から全て指導するのは非常に困難なので、勉強に関しては塾講師に任せて、もっと他の面で子どもをサポートするようにしましょう。

効率良く学力を向上させるためには、少しずつ苦手を見つけ出すことが肝心です。自宅学習の際は、答え合わせを手伝って、どんな問題を間違うことが多いか傾向を探ってみましょう。しばらく答え合わせを続けて、苦手だと思われるポイントについて聞いてみて、どんなところが分からないのか子どもと一緒に考えることで、苦手なポイントも解消していくことが出来ます。

苦手なポイントの解消は、算数においては特に重要です。小さい躓きが一年後二年後に響いてくることも珍しく無いので、過去に残った苦手があると分かった時は、多少今の単元に遅れが生じても、早いうちに苦手を解消しましょう。直接の指導は難しくても、問題集の解説などを駆使しつつ、可能な限り子どもに考えさせることで、自分の知識が乏しくとも、十分子どもをサポート出来るでしょう。