答えは極力言わない

中学受験に成功させるだけの学力を子どもに持たせるためには、受験対策に特化した学習時間を設ける必要があります。学習塾には受験対策専門のところもあり、じっくり時間を掛けることで、より高度な問題にも対応できるようになるでしょう。算数が苦手で教えることが出来ないという方もいるかと思いますが、そもそも中学受験の問題は高度で、受験未経験の方や指導経験が無い方は、上手く指導できないことがほとんどなので、深く気にしなくても問題ありません。

自分で中学受験の指導を行う際は、解説などを参考に答え合わせを行うなど、直接勉強を教えるのではなく、理解を深めるためのサポートを重点的に行いましょう。この時問題の答えをただ教えるだけだと、その問題の答えを暗記するだけで、問題に対する理解が深まらないままになるので、答えは極力言わず、自分で答えを導き出せるように考える機会を与えるようにしましょう。

中学受験の試験は時期に応じて細かく変わりますが、共通しているのは、どれも問題のどれだけ理解しているかどうかを見ているという点です。そこを身につけていないと受験はまず上手くいかないので、普段の勉強ではとにかく考えるクセをつけさせることが大切です。そのためにも答えは親が管理するなど、安易な道に走らないようしっかりサポートしていきましょう。