一緒にチャレンジ

中学受験の試験問題は、非常に高度なものが揃っています。算数の試験では、中学、高校レベルの問題が出ることもあるので、算数や数学が苦手という方は、正しい理解が出来るだけの指導を行うことは出来ないでしょう。そんな中でも子どもの助けになりたいのであれば、自分が上に立って教えるという考えから離れて、自分も一緒に子どもと同じ試験にチャレンジしてみましょう。

子どもにとって一番大切なことは、自分一人が辛い思いをしていると思わせないことです。子どもにしてみれば中学校の違いはそれほど問題にしていおらず、勉強に対するモチベーションもそれほど高くはありません。そんな中で自分一人だけ頑張っていると、精神的な抑圧が溜まってモチベーションも見る見る低下します。そうならないためにも、勉強の際は自分も子どもと同じ問題をやってみて、一緒に頑張っている人がいるというモチベーションを与えましょう。一緒に答え合わせをして競争してみてもいいですし、お互いに教えあうことで理解力を深めることも出来ます。

中学受験の指導は非常に難しく、学習塾に通わせることも多いのですが、その際も全てを塾任せにはせずに、自分に出来るサポートはしっかり行うようにしましょう。毎日の食事でも、普段の会話の中でも、子どものことをよく見て、フラストレーションを溜めることの無い環境作りを目指しましょう。