見守ることも大切

子どもの将来を考えて、よりレベルの高い中学校に通わせることを考えている方は、受験対策についても色々と考えなければなりません。中学受験の学力試験は、学校によって差はありますが、少なくとも普通の小学校では学ぶことも無い、公立中学や高校と同レベルの問題にこたえなければならないこともあります。その分子どもはかなりの期間を勉強に費やす必要があり、親としては何かしらのサポートをしたいところですが、具体的にはどのようにサポートするべきなのでしょうか。

勉強を教えてあげるのが一番のサポートにも思えますが、問題の難易度を考えると、直接勉強を教えるのは困難でしょう。例えば算数の試験問題一つ取っても、非常に高度な読解力や理解力が求められるので、ただ答えを教えるだけの教え方では、全く実力が身につきません。少なくとも付け焼刃でどうこうできるものでは無いので、もっと別の教え方を考えてみましょう。

中学受験のサポートは、特に見守ることを大切にしてください。算数の問題が分からなくても、回答に記載されている解説などは確認することが出来るので、可能な限り子どもには問題の内容について考えさせて、どうしても分からない時だけに解説などをチェックして、どう考えれば良いのかを教えてあげましょう。答え合わせのときには、正解するたびにしっかりほめることで、勉強のモチベーションも上がります。