学習塾の意見は

中学受験に合格するためには国語や算数、理科に社会と、学校ごとに定めた学力試験に合格しなければなりません。当然そのためには受験勉強が必要ですが、中学受験の算数の問題は、中学生から高校生レベルの問題が出ることも珍しくなく、ある程度レベルの高い学校に通っていた方でも教えるのが難しいといわれています。そのため算数や数学が苦手だったというママにはさらに難しいでしょうが、専門家の意見では、親の指導は必要なのでしょうか。

学習塾や家庭教師など、多くの中学受験希望者の家族の指導を行った専門家の間では、基本的に親は指導はしないようにとコメントしています。子どものために勉強してでも教えたいという熱心な方もいるのですが、中学試験の問題はそれこそ一朝一夕に理解できるものでもなく、試験勉強の仕方も、普通の学校の授業とは違い、より深い理解度を身に付けさせるための、特別な指導法を実践する必要があり、逆に親の介入が邪魔になることが多いそうです。

せっかくサポートしたいのに、邪魔とされては立つ瀬がありませんが、寧ろサポートを行うという点では積極的に行うべきという意見が圧倒的に多いです。あくまでサポートは指導から外れて、答え合わせを行って、正解したら思い切りほめてあげたり、頑張っているような美味しい食事を用意してあげたりと、とにかくそばにいてあげてください。