他の面でサポート

中学受験を受けさせるには、国語や算数など、小学校で習う授業の大半の科目の学力試験を行います。当然高得点であればあるほど合格圏内には近づくので、日ごとに近づいてくる試験本番を目指して、少しでも多くの知識を身につける必要があります。そのためには、試験勉強の支援として、ママやパパが勉強を教えてやるべきではと考える方は少なくありませんが、そうした支援よりは、他の方法でのサポートを行ったほうが良いでしょう。

一見すると子どものためになりそうな、勉強の指導ですが、中学受験の試験内容は非常に厳しく、少なくとも試験を受けて合格した経験がある方でもなければ、中学受験の内容を指導することは出来ないでしょう。とはいえ自分たちが何も出来ないというわけではなく、食事作りや学習塾選び、話し相手になったり学校の情報を入手したりなど、子どもの将来に役立つサポートの方法はたくさん存在します。

中学受験の支援については、とにかく専門家以外は手を出さないことが原則です。学習塾経験者で、算数や数学の指導が出来るほどでなければ、大抵の方は指導できないでしょう。ましてや算数や数学が苦手という方は、わざわざ苦手分野で支援しても、逆に足を引っ張ることになるので、それよりも、これから先勉強続き辛い思いをするお子さんのために、心のためのサポートを行うようにしましょう。