感情的にならない

中学受験は、より高度な授業を学ぶことが出来る中学校で、最近では公立校よりもそちらに子どもを通わせたいという方が増えてきています。そのため中学受験の受験者数も年々増えていますが、それによりライバルの人数が増えて、偏差値などの条件は厳しくなっているので、試験勉強などは時間を置いて、志望校の決定までに十分なスキルを身に付ける事が出来るよう、様々なサポートを行います。

中学受験の際は、色々なことをやる方法があります。その一つとされているのが勉強のサポートで、勉強の問題を解決するなどして、より勉強に対しての理解を深めてもらうことが出来るのですが、問題をきちんと理解できる人は、余裕を持って教えることが出来るかもしれませんが、そうでない場合は子どもに的確な指導が出来なくなって、勉強を教えるどころか返って混乱させることにも繋がりかねません。少なくとも感情的になるようなら、指導しても良い結果は生まないでしょう。

子どもに算数を教える際は、理解力を深めてもらうために、地道に少しずつ問題の内容を理解してもらうしかありません。そのためには問題がわかっていて、も少しずつ子どもが納得行くまで同じ問題を続けて理解させる必要もあります。そうなると算数が苦手なママでは、感情的でない指導は非常に困難なので、勉強を教えることは諦めてください。