未経験には厳しい?

中学受験を子どもに受けさせるという方の中には、中学受験を受けた経験がないという方も少なくありません。自分とは違って、もっと多くのことを学んでもらいたいという気持ちは大切なことですが、子どものために何か手伝ってあげたいという方は、無理して子どもに勉強を教えなくても大丈夫です。そもそも中学受験未経験の場合は、無理に指導しようとしても間違いなく無理が生じるでしょう。

中学受験の指導は、少なくとも過去に中学受験の経験が無いと難しいといいます。中学受験の試験内容は単純に難しく、小学校の問題なのに、中学生や高校生が倣うような問題を当たり前のようにこなします。中高一貫の学校では日常的に見られる問題でも、公立校に通っている方には想像できないものとなっているので、ろくに知識も無い状態で教えようとしても、子どものためになる教え方はまず出来ません。

子どもが中学受験のために頑張っているのに、自分では何も出来ないのは辛いという方もいるでしょうが、試験勉強の支援は何も勉強だけというわけでは決してありません。日頃の食事メニューに気を配ったり、教育方針を塾講師と相談したり、勉強以外の面でサポートできることはいくらでもある野で、常に相手のことを思って行動するようにしましょう。