そもそも分かるか

私立や国立など、有名な中学校では学力試験が行われており、合格点を取得しなければ入学することが出来ません。そのためには高度な試験勉強を行わなければならず、子どもには小学校では習うことのないような問題を学ばせる必要があります。そのため自分たちも子どもに勉強を教えなければと考える方が多いでしょうが、そもそも中学受験の問題は親である自分が分かるものなのでしょうか。

子どもに中学受験を受けさせるにあたり、まず知っておくべきことは試験の難易度です。例えば算数は小学校で学ぶものからはるかに上のレベルまで学ぶ必要があり、学校によっては公立の高校生レベルの問題を答えなければならないこともあります。算数や数学が苦手という方は、十分に勉強を重ねた子供よりも理解が薄い可能性があります。また、問題の出し方についても、中学受験特有の、理解力を確認するための高度なものなので、問題を読み解く力も必要になってきます。

算数が苦手でも、小学生レベルなら何とかなるだろうというママもいるかもしれませんが、実際に問題を目にしてみると、その難易度が非常に高いことが分かります。そんな状態で子どもに教えようとしても、的確な教え方が出来るはずも無いので、算数や数学が苦手だったという方は、無理して教えずに塾講師などの専門家に任せるようにしましょう。